50代のアフィリ仲間が欲しくて立ち上げたブログ

稼ぎは月80万円ぐらいですが、アフィリ仲間がいなくて寂しい思いをしています。

ブログにアクセスを集める方法

f:id:bfrru:20180519031312p:plain

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

どうもどうも、トミーです!

前回に引き続き、今回もキーワードについて、
チョットだけお話しようかと思っています。

特に、アドセンスで稼ごうと思っている方に、
気にして頂ければ…と思っているのですが…(^^

ちなみに、今回の話も超初心者向けですから、
アフィリエイトの基本を分かっている方は、

何も考えずにスルーして下さいね…(^^;


では、本題に入りますね。


当ブログを見て下さった方から、
ちょくちょくメールを頂くのですが、

そういう人の中には、
ブログの記事を添削して下さいという方もおられます。

そのようなご依頼を頂いたときは、
出来る限りのことをさせて頂くようにしています。

それで…

実際にブログを拝見するのですが、
添削させて頂くブログの99%は、
キーワードを全く意識されていません。

多分、以下のような感じで、
ブログの記事を書いておられるんだと思います。

----------------
①自分の体験から、書きたいネタを思い付いた。
②記憶を辿りながら、体験談を織り交ぜて記事を書いた。
----------------
③この記事を読みたい人がブログに集まってくるだろう…と期待する。
④でも、ほとんどアクセスが集まらない。
----------------

そして…

どうしてだろうと思いながらも、
とりあえず、記事を更新し続ける…
という感じじゃないでしょうか。

要するに…

ブログにどんどん記事を投稿していけば、
自然とブログに人が集まってくるモノだと思っている訳です。

キーワードを意識せずに記事を書いて、
それなりのアクセスを集められるのは、
芸能人やアスリートのような有名人だけです。

一般の人が、どれだけ素晴らしい記事を書いても、
多少のアクセスは来たりするとは思いますけど、
満足できる稼ぎを得られるほどのアクセスは集められません。

で…

稼ぐために、それなりのアクセスを得るには、
偶然やってくるブログ訪問者を期待してはいけません。

膨大なアクセスを集めるためには、
ブログに訪問してもらう仕掛けを用意する必要があります。

その仕掛けが「キーワード」です!

キーワードを上手く駆使できるようになれば、
どんどんアクセスを集められるようになります。

それでは、具体的な例で説明させて頂きますね…(^^


それでは、早速…


30代の親と、その親の子供(小学生)がいて、
子供は、鉄棒で逆上がりが出来ません。

親は、逆上がりが出来るようになってもらいたいので、
どのようにして教えれば良いのか調べようと思いました。

それで…

その親は、ネットで検索して、
逆上がりを教えるための情報を得ようと考えました。

そのとき…

その親が、どのような「言葉」を使って検索するのか、
それを知ることが、ものすごぉ~く大事なんです。

要するに…

逆上がりを教えるために、
情報を得ようとしている人が、
ヤフーやグーグルを使って、
どのような「言葉」で検索するのか…ってことです。

その言葉が「キーワード」と呼ばれているモノです。

子供に逆上がりを教えたいと思っている親が、
どんなキーワードで検索するのかを考えてみると、
以下のようなキーワードがあるかと…。

-------------------
①逆上がり 練習方法
②逆上がり 教え方
③逆上がり コツ
④逆上がり 動画

などなど…
-------------------

これらのキーワードを
どのように使うのか…ですけど、
それは、記事タイトルに、
そのキーワードを入れ込むんです。

例えば…

以下のような感じです。

-------------------
◆キーワード:逆上がり 練習方法
・記事タイトル:逆上がり練習方法をご紹介しています!

◆キーワード:逆上がり 教え方
・記事タイトル:逆上がり教え方はこちらをご覧下さい!

◆キーワード:逆上がり コツ
・記事タイトル:逆上がりコツを伝授!

◆キーワード:逆上がり 動画
・記事タイトル:逆上がり動画を見て上手くなろう!
-------------------

どれも、記事タイトルにキーワードが入ってますよね。

(分かりやすくするために、タイトルはシンプルにしました)

当然、記事タイトルだけでなく、
記事にも「キーワード」を入れるようにしないといけないですョ。

そのようにしておけば、
ネットユーザーが検索をしたとき、
グーグルは記事を上位に持ってきてくれるという訳です。

例えば…

ネットユーザーが「逆上がり 練習方法」で検索をしたとき、
グーグルは、逆上がりの練習方法について、
分かりやすく解説されている記事を上位に持ってこようとします。

そのとき…

「逆上がりの練習方法をご紹介しています!」という記事があれば、
グーグルは、その記事を上位に持ってきて、
ネットユーザーに見てもらえるようにしてくれる訳です。

ですから…

記事を書くときは…

ネットユーザーが使うキーワードを理解して、
そのキーワードをタイトルや本文に入れ込む必要があるということです。

そのようにすれば…

ネットユーザーを
自分のブログに呼び込むことが出来るんです。

ただ…

色んなキーワードがありますので、
どのキーワードを選ぶのかは非常に大切です。

何故なら…

あまり使われていないキーワードを選んでしまうと、
アクセスは集まらないからです。

当然ですよね…(^^;

①多くの人が使っているキーワード
②ほとんど使われていないキーワード

どちらのキーワードを使えば、
より多くのアクセスを集められるか分かりますよね。


エッ?


よく分からない?


じゃあ、以下のように説明すると分かりやすいですかね。

①1ヶ月に1,000人が使っているキーワード
②1ヶ月に10人が使っているキーワード

これなら分かりますか?

①は、1ヶ月に1,000人がブログに来る可能性があります。
②は、1ヶ月に10人しかブログに来る可能性はありません。

これで分かって頂けましたでしょうか。

より多くのアクセスを集めるためには、
よく使われているキーワードを使えばいいってことです。

ですから…

記事を書くときは、
思い付いたことをいきなり書くのではなく、

記事を書く前に、

しっかりキーワード選定をしなければ、
どんなに質の高い記事を書いても、
多くのアクセスは見込めないってことです。

そして…

そのキーワードで検索した人の目的をしっかり理解して、
検索した人が満足する記事を書く必要があるということです。

この辺りのところを理解していない人が多いのですが、
自分が書きたいことを書くのではなく、
検索者が知りたいことを書かなければいけないってことです。

自分の書きたいことが、
検索者の知りたいことと同じとは限りません。

というより、違っていることの方が多いです。

ですから、以下のことを履き違えないようにして下さいね。

× ⇒ 自分の書きたいことを書く
○ ⇒ 検索者が知りたがっていることを書く

キーワード選定や、
キーワードに基づいた記事の書き方については、
もっともっと詳しく説明する必要があるんですけど、
今回は、キーワードを意識せずに記事を書いている人に、
キーワードの重要性を分かってもらうのが目的ですから、
あまり細かい所までは突っ込まないようにしました。

あれもこれも…と欲張って書くと、
読んでいる人の頭の中が、
グチャグチャになってしまいますからね。

ですから…

今回は、キーワード選定をせずに記事を書いても、
ほぼ間違いなく稼ぐことは出来ないということを理解して頂ければ、
それで、私の目的は達成できたのですが、いかがでしたでしょうか?

という訳で、今回はこれでおしまい…(^^

 

私の無料コンサルについては、コチラをご覧下さい…(^^

★ 私のプロフィールはこちら

----------------------------------
世間話・アフィリの事など、
気軽にメールして下さいね(^^

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
----------------------------------