50代専業アフィリエイターの情報垂れ流し館

50代でのアフィリエイトは難しい?…と不安に思う人は多いようですね。しかし、私(50代)でも、5年間アフィリエイトを専業でやれてます。こんな私ですけど、初心者さんに向けて、色んな情報を提供させて頂いていますので、どうぞ参考になさって下さい。

ブログに何を書けばいいの?

f:id:bfrru:20180519031407p:plain

どうもどうも、トミーです!

今回は…

物販の話ではなく、
お役立ち記事の話です。

要するに…

アドセンスで稼ぐ為に書く記事の話ってことです(^^

それでは、話を進めていきますね。

ブログの記事を書く場合、
訪問者が求めていることを書くのが大前提です。

これは、当ブログで何回もお話させて頂いたかと…。

というか、当たり前の話ですよね(^^;

ただ…

この部分は、意外に難しかったりします。

例えば…

<strong>「写真の撮り方:野菜を美味しそうに見せられる!」</strong>

このようなタイトルで記事を書こうと考えたとします。

そのとき…

このタイトルを見たネットユーザーは、
何を求めて検索している人なのかを
分かっていないとダメですよね?

キレイな写真の撮り方を解説すればいい…と、
単純に考えるかも知れないですけど、
ネットユーザーは、
もう少し突っ込んだ疑問を持っているモノです。

例えば…

どんな人がいるかと言うと…

インスタ映えする写真の撮り方を知りたい人
スマホで綺麗な写真を撮る方法を知りたい人
③一眼レフで綺麗な写真を撮りたい人
④野菜を綺麗に撮りたい人
⑤料理写真の基本的な撮り方を知りたい人
⑥綺麗に見える野菜の盛りつけ方を知りたい人

などなど…

ということは、

①~⑥の中の一つだけを記事にしても、
読者が求めているモノと合致するとは限らないですよね。

ということは…

①~⑥全ての人を満足させるためには、
①~⑥の内容を全て網羅した記事にしなければダメですよね。

ということは…

①~⑥全ての人が、
読みたくなるようなタイトルに変更する必要もありますョ。

でも…

それぞれのネットユーザーは、
①~⑥の中の1つだけを知りたい訳ですから、

①~⑥の内容が全て網羅されていても、
5つは不必要な情報ということになります。

ですから…

ネットユーザーの知りたい情報が、
文章の一番最後に書かれていたりすると、

ここには自分の欲しい情報がないと判断して、
すぐにブログから離脱してしまうでしょうね。

ですから…

思い付いた情報すべてを詰め込むより、
ネットユーザーが欲しがっている情報だけにした方が、
親切な記事になると思いませんか?

ということは…

①~⑥の情報を1つの記事に詰め込むぐらいなら、
①~⑥を別々の記事にした方がいいということです。

要するに…

6つの記事を書くということです。

ただ…

①~⑥を全て詰め込んだ記事であっても、
最初から最後まで読ませる文章力があれば、
話は変わってきますけどね。

でも…

①~⑥まで詰め込むと、
かなりの長文になりますから、
読者は、途中で読み疲れてしまうかも知れないですね。

そんな風に色々と考えると、
やはり、1つにまとめずに、
いくつかの記事に分割した方がいいんじゃないかと…。

いずれにしましても…

「ネットユーザーは何を求めているのか」

これをよぉ~く考えないと、
役立ててもらえる記事にはならないってことです。

ですから…

いきなり記事を書き始めるのではなく、
記事を書く前の準備をしっかりやっておかないと、
いい記事は書けないってことですね(^^;

記事を書く前の準備、
これは、かなり大切ですョ。

その準備の話は、
また今度させてもらいますね。

という訳で、今日はこれでおしまい(^^


追伸
今回の記事では、

「写真の撮り方:野菜を美味しそうに見せられる!」

こんなタイトルを例にして説明しましたけど、
このタイトル、ダメダメなタイトルです。

話を分かりやすくするために、
敢えて、こんなタイトルにしただけなので、

「こんなタイトルにすればいいんだ」

なんて思わないで下さいね(^^;

 

という訳で、今回はこれでおしまい…(^^

 

私の無料コンサルについては、コチラをご覧下さい…(^^

★ 私のプロフィールはこちら

----------------------------------
世間話・アフィリの事など、
気軽にメールして下さいね(^^

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
----------------------------------

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ