50代専業アフィリエイターの情報垂れ流し館

50代でのアフィリエイトは難しい?…と不安に思う人は多いようですね。しかし、私(50代)でも、5年間アフィリエイトを専業でやれてます。こんな私ですけど、初心者さんに向けて、色んな情報を提供させて頂いていますので、どうぞ参考になさって下さい。

グーグルは記事の内容の真偽は気にしてないらしい!

f:id:bfrru:20180519030734p:plain

どうも、どうもトミーです!

今回は…

記事を書くとき、
情報源には気を付けて欲しいって話です。

そんな難しい話をするつもりはないですし、
当たり前過ぎる話になりそうですから、

今回の記事も、
別に読まなくてもいいですョ~(^^;

 

記事が間違いだらけでも上位表示する?

記事の信憑性

ブログの記事を書くとき、
信憑性というか正確さを気にすると思います。

例えば…

30%と書かないといけないのに、
50%と書いてしまうとウソになりますからね。

で…

誰かが何かを調べようとして、
グーグルで検索したとき、

色んなブログが、
ずら~っと表示される訳ですけど、

それらのブログの記事に間違いがあれば、
検索者に迷惑を掛けてしまいますよね。

だから…

間違いのあるブログは、
上位表示させてもらえないと思ってませんか?

でも…

少しでも間違いがあるブログは、
上位表示させてもらえないのでしょうか?

実際に検索してみて、
上位表示されてる2つのブログを見比べてみると、

同じことについて書いてあるのに、
内容が全く違ってることってありますよね。

要するに…

どちらかのブログに間違いがあるということです。

例えば…

サプリでダイエットをしたいと考えてる人が、

「ダイエット サプリ」

こんな言葉で検索したとき、
検索順位1番目のブログには、

「サプリでダイエットは出来ません」

こんな風に書いてあったとします。

そして…

検索順位2番目のブログには、

「サプリでダイエットは出来ます」

こんな風に書いてあったとします。

どちらかの記事が、
間違ってる訳ですけど、

どちらも上位表示してるんですから、

記事に間違いがあっても、
上位表示できてしまうってことです。

ということは…

グーグルは…

記事内の間違いには、
全く気付いてないってことですよね。

という訳で…

その辺りのことについて、
グーグルが何か言ってないか調べてみました…(^^

 

グーグルは記事の正確性を気にしてないの?

グーグル 間違い

グーグルの広報担当者が、
以下のようなコメントを出していました。

「機械は正確性を判断しません」

要するに…

グーグルが検索順位を決める際、
記事の正確性は確認していないということです。

例えば…

大化の改新って、
私たちは645年って教えられましたよね。

でも…

最近の教科書では、
646年になってるって話も聞きますし、

大化の改新なんて無かったって説もあったりで、
どれが本当なのかよく分からないですよね。

そんな感じのことって、
世の中にはいっぱいありますから、

グーグルが正解を導き出すなんて無理なので、

検索順位を決めるとき、
正確性まで見てられないってことなんでしょうね。

でも…

天下のグーグル様に…

正確性を気にしてないって断言されると、
やっぱり「エッ?」ってなってしまいますよね…(^^;

じゃあ…

何を基準にして、
上位表示させてるのかってことになりますけど、

それは…

・検索者の目的と記事の関連性

これを見てますョ…と、
グーグルはハッキリと言ってます。

例えば…

「ダイエット サプリ」

このような2つの言葉で検索した人がいたら、

グーグルは、
世界中のサイトを瞬時に確認して、

その2つの言葉に関連してる記事を
ズラ~っと表示させてるだけで、

記事の内容が間違っていても、
そんなこと責任持ちましぇ~んってことみたいです。

例えば…

HTMLサイトとブログの違いについて、
以下のように書いてるサイトって多いんですョ。

・HTMLサイト:特定のジャンルのことを書くもの
・ブログ(ワードプレス等):ジャンルを決めず自由に書くもの

こんなの大嘘ですからね…(^^;

たぶん…

そんな間違いを書いてるサイトが多いのは、
他人のブログなどを見て、

真偽を確かめることなんてせず、
コピペする人が多いからなんだと思います。

いずれにしましても…

そんな大嘘の記事内容であっても、
しっかり上位表示してる訳ですョ…(笑)

あと…

グーグルは…

ブログ自体の権威性も
見てるって言ってますけどね。

まぁ…

これは、みんな知ってることだと思いますけど…(^^

 

ネットサーフィンが危険な理由!

ネットサーフィン 信憑性

何が言いたいかと言いますと…

上述しました通り、
ネット上の情報は間違いも多いので、

それを鵜呑みにしてしまうと、

間違った情報に踊らされて、
目的が達成できないこともあるってことです。

私にメールを下さる人達は、
ほぼ100%稼げていない人たちです…(^^;

そういう人は…

ネットサーフィンをして、
情報収集をされています。

ネットしか情報源がないんですから、
それは仕方のないことだと思います。

ただ…

ネットで拾い集めた情報の中には、
間違いも結構あったりするので、

その間違い情報がベースにある人は、
私がアドバイスをさせて頂いても、

間違った情報が邪魔をして、
なかなか理解してもらえなかったりします。

ネットサーフィンをするかどうか、
それは自由な訳なんですけど、

間違った情報を大事に抱えてる人が多いので、
正直、閉口してしまうこともあるんですよね…(^^;

例えば…

自分が持ってる情報と違うことを言われると、
自分の情報の方が正しいような気がして、

他人からのアドバイス
素直に受け入れられない人って結構多いです…(^^;

私が…

メールでやり取りした人たちを見ていると、
年齢が高くなればなるほど、

その傾向が強いみたいで、

なぜ間違っているのかまで説明しても、
なかなか考えを変えられないようです…(^^;

そういう人と
メールのやり取りをしていて、

私が間違いを指摘したりすると、
突然メールが来なくなったりします(笑)

まぁ…

それはどうでもいい話なんですけど…(^^;

 

自分のブログを信頼してもらうには?

ブログ 信頼できる

かなり話が反れてしまったので、
とりあえず話を戻しますね…(^^;

ネット上の情報は間違いが多いですし、
グーグルは記事の真偽は確かめないって言ってますから、

上位表示されてるサイトだからといって、
無条件で信用なんてしたらダメなんですョ…(^^;

ですから…

ブログの記事を書く際、
ネットから情報を得ることは多いと思いますけど、

かなり慎重にやらないと、

せっかくブログに訪問してもらったのに、
信用を失うことにもなりかねません。

特に…

アドセンスをやってる人で、
お役立ち情報の記事を書いてる人は、

ネット上の情報には、
気を付けて欲しいなって思います。

私もアドセンスをやってますので、
お役立ち情報のブログを何個も持ってますけど、

ブログに訪問して下さった方から、

「○○の部分、間違ってますョ」

みたいなコメントを
何度も入れられた経験があります。

そういうとき…

「やってしもたぁ~」

と思うと同時に、

「調べ直すの面倒だなぁ~」

というのが脳裏をかすめます…(^^;

というのも…

記事を書くときに、
色々と調べるのは苦にならないんですけど、

後になってから調べ直すのって、
なんか気が乗らないんですよね…(^^;

でも…

そのまま放っておく訳にいかないので、
調べ直して記事を修正する訳ですけど…(^^;

ですから…

記事を書くときは、
かなり慎重に調べて、

私と同じようなことに
ならないようにして下さいね…(^^;

ただ…

調べたときは正しいとされてることでも、
後々になって新しい発見などがあって、

記事の情報が古くなる場合もありますので、

どんなに調べ尽くしたとしても、
いつも完璧ってことにはならないです。

例えば…

スポーツのルールなんて、
よく変更されたりしますよね。

あと…

宇宙のことなんかは、
新しい発見が次々に出てきますから、

ネタにするのは、
慎重にしないと…ですよね。

他には…

動物なんかだと、
絶滅したとされてた動物が発見されたり…。

 

最後に…

とにかく色々ありますので、
お役立ち情報のブログを作ってるのであれば、

グーグルは気にしていなくても、
自分のブログのことを思うなら、

信憑性が大事ということを念頭に置いて、
情報収集するようにして下さいね。

そういう意味では…

新聞やヤフーニュースなんかも、
普段からよく目を通しておいた方がいいでしょうね。

新しい発見など、
記事になってることが多いですから…。

という訳で、今回はこれでおしまい…(^^

 

 

★★★★ ★★★★ ★★★★

私の無料コンサルについては、
コチラをご覧下さい…(^^

★★★★ ★★★★ ★★★★

★ 私のプロフィールはこちら

★★★★ ★★★★ ★★★★

----------------------------------
世間話・アフィリの事など、
気軽にメールして下さいね(^^

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
----------------------------------

 

 

.entry-content h3 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f0f0f0; border-left: 8px solid #2d70a4; }