50代のアフィリ仲間が欲しくて立ち上げたブログ

稼ぎは月80万円ぐらいですが、アフィリ仲間がいなくて寂しい思いをしています。

アクセスをより多く集められるキーワードは?

f:id:bfrru:20180519032207p:plain

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

どうもどうも、トミーです!

今回は、物販の話ではなく、
お役立ち記事を書く場合の話です。


それでは、早速…


いきなりですけど、地球上には色んな言語がありますよね。
だから、国によって、使われている言語が違っています。

例えば…

日本なら日本語を使っていますし、
フランスならフランス語を使っています。

ですから…

その国の言葉で普通に会話をするためには、
知っておけないといけない言葉の数にも違いがあります。

例えば…

その国の言葉を90%以上理解するためには、
以下のような言葉の数が必要なんだそうです。

・フランス語:約2,000語
・英語:約3,000語
・ドイツ語:約5,000語
・日本語:約10,000語

日本語が突出してますね…(^^;

どうして、こんなに極端な違いが出るんでしょうね。
私は、その理由を知らないです。

もしかすると…

日本語は…

同じ意味なのに違う言葉が多かったり、
同じ意味なのに違う言い回しが多いからですかね???

例えば、以下のような感じです。

「力士」「お相撲さん」
「バカ」「アホ」
「卓球」「ピンポン」
「バスケ」「バスケットボール」
スマホ」「スマートフォン
「ケータイ」「携帯電話」
「下駄箱」「靴箱」
「台所」「キッチン」
「髪」「髪の毛」

挙げればキリがないですね…(^^;

ただ…

アフィリエイトをする場合、
このような違いは非常に大きな意味を持ちます。

要するに…

言葉(キーワード)のチョイス次第で、
アクセス数が大きく違ってくるからです。

ですから…

同じ意味でも…

多くの人が使っている言葉をキーワードにすれば、
より多くのアクセス数が期待できるという訳です。

例えば…

上記の例で見てみると、
よく使われている言葉は以下のようになります。

・力士>お相撲さん
・バカ>アホ
・卓球>ピンポン
スマホスマートフォン
・ケータイ≒携帯電話
・下駄箱>靴箱
・キッチン>台所
・髪>髪の毛

スマホ」と「スマートフォン」は、
2011年まではスマートフォンという言葉で
検索する人が多かったのですが、

2012年からは、スマホという言葉で検索する人が増えて、
今では、圧倒的にスマホの方が多くなっています。

一方、「ケータイ」と「携帯電話」では、
2011年までは携帯電話で検索する人が多かったのですが、
2012年以降は、ほぼ同じぐらいです。

という訳で…

ネットで検索する人が、
どの言葉でよく検索しているのかを調べれば、
アクセス数を増やしやすいってことですね。

ですから…

パッと思い付いた言葉をそのまま使うのではなく、
同じ意味で違う言葉がないかを調べて、
検索需要が一番多い言葉を使うようにして下さいね。

そういうことを繰り返していると、
お宝キーワードが見つかったりするかも知れないですしね…(^^

アドセンスで稼ぐためには、
アクセス数を増やすことが絶対条件です。

ですから…

今回のようなことも気にしておいて下さいね。

という訳で、今回はこれでおしまい…(^^

★ 私のプロフィールはこちら

----------------------------------
世間話・アフィリの事など、
気軽にメールして下さいね(^^

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
----------------------------------