50代専業アフィリエイターの情報垂れ流し館

50代でのアフィリエイトは難しい?…と不安に思う人は多いようですね。しかし、私(50代)でも、5年間アフィリエイトを専業でやれてます。こんな私ですけど、初心者さんに向けて、色んな情報を提供させて頂いていますので、どうぞ参考になさって下さい。

【ブログ】キーワード選定のコツを知るためのヒント

f:id:bfrru:20180519025701p:plain

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

どうもどうも、トミーです!

今まで、何度かキーワード選定のお話をしたかと思うのですが、
今回は、キーワード選定のコツを掴んでもらうために、
いつもとは違った角度からお話してみようかと思います。

ブログの記事を書く場合、
キーワード選定は本当に大切ですからね…(^^


では、早速…


アフィリエイトをする上で、
キーワードを無視することは出来ません。

何故なら…

キーワードを駆使することによって、
ブログに呼び込む人を振り分けることが出来るからです。

要するに…

商品を買う可能性の高い人を
ブログに呼び込むことが出来るということです。

だから…

キーワードというモノは、
本当に大事だってことなんですけどね…(^^

だから…

キーワードを軽視したり、
キーワード選定をおろそかにすると、
商品を買わない人ばかりが集まってしまったりする訳です。

そうなると、当然ですけど商品は売れないですよね。

例えば…

なぁ~んにも考えずに、
キーワードを選んでしまう人は、

-----------------
①車 価格
②車 費用
-----------------

この2つのキーワードの違いを気にもしません。

どっちも同じような意味なので、
特に違いはないだろうと思ってしまう訳です。

だから…

・Aさん:「車 価格」と入力して検索した
・Bさん:「車 費用」と入力して検索した

AさんとBさんの検索目的は、
全く同じだと思ってるということです。


でも、本当にそうでしょうか?


「車 価格」と入力して検索する人は、
車両価格を知りたい人でしょうね。

でも…

「車 費用」と入力して検索する人は、

・駐車場代
・ガソリン代
・オイル交換代
・洗車代
・車検代

 などなど…

このような費用を知りたい人だと思いませんか?

要するに…

車を維持するために必要となる"費用"を
知りたがってる人じゃないかと思うんです。

ですから…

似たようなキーワードであっても、
検索する目的は大きく違ってる場合があるってことです。

目的が違っていれば、
当然、書くべきことも違ってきますよね。

ですから…

ブログに訪問してくる人に対して、
適切な記事を書くためには、
検索者の意図をしっかり理解しないといけないってことです。


じゃあ…

以下のようなキーワードで検索する人は、
どのような目的があると思われますか?

-------------------------
・イラスト 正月
-------------------------

ちょっと考えてみて下さい…(^^

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

考えました?

もう少し頑張って考えてみて下さい…(^^

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

色んな目的が浮かんできたと思うのですが…。


例えば…

A.正月に使うイラスト画像を探している
B.正月に使うイラストを描けるようになりたい
C.正月に適したイラストを知りたい

他にも、まだまだあるかと思いますけど、
「イラスト 正月」という2語だけだと、
色んな目的が考えられるということです。

ですから…

「イラスト 正月」と入力して検索した人たちを満足させるためには、
少なくとも、A~Cを網羅した記事を書かなければいけないってことです。

何故なら…

ブログに訪問してきた人が、
AなのかBなのかCなのかは分からないからです。

でも…

A~C全部を網羅した記事を書くと、
1ページが膨大な量になってしまうので、
ブログに訪問した人は、
最後まで読んでくれないのでは?と心配になりますよね。

だったら、A~Cのひとつだけに対応した記事にするしかありません。

その場合は、キーワードをもっと絞り込むことになります。

例えば…

・Aの場合:イラスト 正月 画像
・Bの場合:イラスト 正月 描き方
・Cの場合:イラスト 正月 おすすめ

こんな感じで、キーワードを絞り込めば、
検索者の意図に合ったピンポイントの記事が書けますよね。

で…

3つの記事を書いたら、
それぞれの記事を内部リンクで繋いでおけば、
それぞれの記事は関連していますから、
ブログ訪問者に対して有益なブログになると思いませんか?

ちょっと分かりにくかったかも知れないですけど、
とにかく、検索者の意図をよく理解して記事を書かないと、
検索者を満足させる記事にはならないってことです。

簡単に言えば、
検索者の意図とはズレた記事になるって訳です。

ズレた記事を書いてしまうと、
ブログに訪問してきた人は、

「このブログには、自分の求めているモノは無さそうだな」

こんな風に感じてしまいますから
最後まで読まずに、ブログから離脱してしまうことになります。

そうなると…

たぶん、商品は売れないでしょうし、
アドセンス広告をクリックしてくれる可能性も下がるでしょうね…(^^;

ですから…

キーワード選定には時間を掛けて
ズレた記事を書いてしまわないようにしないといけない訳です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑ ↑↑↑↑↑↑↑↑↑
これ、ホント大切ですョ!

という訳で、今回はこれでおしまい…(^^

 

★★★★ ★★★★ ★★★★

私の無料コンサルについては、
コチラをご覧下さい…(^^

★★★★ ★★★★ ★★★★

★ 私のプロフィールはこちら

★★★★ ★★★★ ★★★★

----------------------------------
世間話・アフィリの事など、
気軽にメールして下さいね(^^

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
----------------------------------

アフィリエイトの物販で避けるべきジャンルは?

f:id:bfrru:20180519030010p:plain

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

どうもどうも、トミーです!

今回は、商品選定のヒント…みたいな話です。

ただ…

いつも長文になりがちなので、
今回は、短文にしてみます。

短文にする意味って、
特にないんですけどね…(^^;


では、早速…


物販をする場合、
商品選びは、とても大切です。

何故なら…

全く売れない商品は、
誰が売っても売れないですし、

ライバルだらけの商品は、
勝負するだけ無駄ですからね。

だから…

実際に検索したりして、
色々と調べてみる訳ですよね。

それで…

アフィリエイターが作ったサイトが見当たらないから、
これならイケそうだ…と思うこともあるかと思います。

要するに…

ライバルがいない「お宝キーワード」を見つけたと思ってしまうって事です。

でも…

アフィリエイターが作ったサイトが見当たらない場合、
以下のような理由が考えられます。

---------------------------------------------------------
① 売れる商品なのに誰も気付いていない
② グーグルがアフィリエイターのサイトを上位表示させてない
---------------------------------------------------------

①のパターンは滅多にないです。

でも、絶対にない…とは言い切れないです。

私なんかでも、ライバルがほとんどいない商品を見つけて、
結構稼がせてもらったことは何度もありますから…。

ただ、そういう商品は、
いずれライバルだけになります。


例えば…


月10万円ぐらい稼いでいてくれた商品が、
急に、全く稼いでくれなくなったので、

検索して状況を確認してみると、

ライバルが全くいなかったハズなのに、
ライバルだらけになってた…ってことがあります。

私も、何回もそういう目に遭ってます…(^^;

これは、物販をやってる限り、
絶対に避けて通れないモノなんですけどね。

どうして、ライバルが急に増えるのかは、
また、別の機会に説明させて頂きますけど…。

で…

次に②のパターンですけど、
これも意外によくあることです。

これは、特定のジャンル(商品)において、
グーグルがフィルタを掛けてるようなんですけど…。

例えば…

今だったら、ダイエットサプリとかは、
グーグルがフィルタを掛けてるっぽいですよね。

実際…

ダイエットサプリの商品で検索してみると、

・公式サイト
ツイッター
・アマゾン
楽天

このようなサイトが、上位を占めてることが多いです。

アフィリエイターのサイトが全くないってこともないんですけど…。

要するに…

ダイエットサプリの商品名をキーワードにすると、
上述したようなサイトが上位を占めてることが多いってことです。

でも…

全てのダイエットサプリがそうとは限らないので、
ちゃんとチェックすれば、参入できそうな商品もありますョ。

ですから…

どんな商品を扱うにしても、
ライバルチェックをして、
自分のスキルで勝負できるのか、
よく確認してから記事作成に取り掛かって下さいね…(^^

でも…

自分のスキルと言われても、
どの程度なのか分からない…という人もいるでしょうね。

そういう人は、
その時点でスキルが低いと思っておいて下さい。

ですから…

そういう人は、
無謀な勝負は避けた方がいいかと…(^^;

という訳で、今回はこれでおしまい…(^^
 

★★★★ ★★★★ ★★★★

 私の無料コンサルについては、
コチラをご覧下さい…(^^

★★★★ ★★★★ ★★★★

★ 私のプロフィールはこちら

★★★★ ★★★★ ★★★★

----------------------------------
世間話・アフィリの事など、
気軽にメールして下さいね(^^

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
----------------------------------

老眼でモニターの文字が見にくい人は必見!

f:id:bfrru:20180519031312p:plain

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

どうもどうも、トミーです!

今回は、アフィリエイトに全く関係ない話です。

だから…

アフィリエイトの話じゃないなら興味がないという人は、
なぁ~んにも考えずに、すぐに当ブログを閉じて下さいね…(^^;


それでは、早速…


「50代のアフィリ仲間が欲しくて立ち上げたブログ」

これは、当ブログのタイトルです。

ですから…

当ブログに訪問して下さる方は、
50代の人が多いようです。

実際にそうなのかは、
分からない部分もあるんですけど、
メールを下さる方の多くが50代なので、
そう思ってるんですけどね。

で…

50代になると、
ほとんどの人が老眼になってしまいますよね。

私も老眼なので、
新聞などの小さな文字が見えにくいです。

で…

私はアフィリで生計を立てているので、
パソコンのモニターを見ることが多い訳ですけど、
モニターの字も見にくいんです。

ですから…

アフィリの作業をするときは、
百均で買ってきた老眼鏡をかけてやってました。

要するに…

安物の老眼鏡を使ってるってことなんですけど、
結構よく見えるので、特に困ってはいませんでした。

で…

先日、大型電気店へ行ったとき、
ハズキルーペが売られていたんです。

テレビCMでよくやってますから、
存在は知っていたのですが、
特に興味は持っていませんでした。

でも…

その大型電気店で、
ハズキルーペを試してみたら、
ビックリするぐらいよく見えたんです。

ちなみに…

ハズキルーペと老眼鏡は、
たぶん以下のような違いなんだと思います。

ハズキルーペ:拡大鏡
・老眼鏡:視力を矯正するモノ

どちらが良いのかは別にして、
ハズキルーペを試してみると、
新聞などの小さな字がハッキリ見えますし、
数メートル先の字もハッキリ見えたんです。

老眼鏡だと、数メートル先はぼやけますから、
私は、迷わずハズキルーペを買ってしまいました…(^^;

ちなみに…

ハズキルーペは、
以下のような3種類に分けられています。

・拡大率:1.85倍
・拡大率:1.6倍
・拡大率:1.32倍

私は、3つとも試してみたのですが、
近くが見えやすくて、
数メートル先も見えやすかったのは、
拡大率が1.32倍のタイプでした。

だから…

私は、1.32倍のタイプを買ったんですけどね。


そして…


自宅に戻って、
パソコンのモニターを見てみたのですが、
老眼鏡よりハズキルーペの方が、
はるかに見やすいんです。

ハズキルーペで見ると、
字がハッキリ見えるだけでなく、
少し明るくなるんです。

だから、モニターを見ていても、
とても見やすくて疲れないので、
「いい買い物をしたなぁ~」という感じです…(^^

ですから…

老眼になってしまって、
モニターの文字が見にくい人は、
老眼鏡を使うか、
ハズキルーペを使えば、
問題は一気に解決すると思いますョ…(^^

私は、ハズキルーペ派ですけどね。

ハズキルーペは、
ブルーライトもカットしてくれますし…(^^

とにかく…

ハズキルーペって、
思っていた以上のモノでした…(^^

だから…

老眼で困ってる人にお勧めしたいな…と思って、
今回は、ハズキルーペの話をさせて頂いたんですけどね。

で…

最後に、ひとつだけ言わせて下さい。

ハズキルーペ、だぁ~い好き!」

という訳で、今回はこれでおしまい…(^^

 

私の無料コンサルについては、
コチラをご覧下さい…(^^

★ 私のプロフィールはこちら

----------------------------------
世間話・アフィリの事など、
気軽にメールして下さいね(^^

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
----------------------------------

.entry-content h3 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f0f0f0; border-left: 8px solid #2d70a4; }